結婚式のスピーチ

結婚式のスピーチを考える

結婚式のスピーチで印象を高める

友人や知人の結婚披露宴に呼ばれ、数十人の前でのスピーチを任されたときは、緊張でどんなことを話せばいいのか迷ってしまったことのある人も多いと思います。結婚式の挨拶では、新郎もしくは新婦と自分がどのような間柄なのかを簡単に自己紹介したうえで、ポジティブな内容を簡潔に話す、ということを意識するとよいでしょう。新郎新婦をほめたり、自分との思い出を話したりするときは、具体的なエピソードを盛り込んだりするとスピーチとしての完成度が上がります。しかし、いい内容を話そうと無理に思わずに、素直なお祝いの気持ちなどを言ったほうが、周りによい印象を残せることも多いですので、自分の思いを伝えることもよいのではないでしょうか。

式でスピーチすることになった時

結婚式でスピーチをすることになった時のメリットは、今後も信頼してもらえる、良い思い出になるなどです。幼馴染として常に一緒に過ごしてきたか、最も信頼している人でなければスピーチは頼まれません。そのため、今後も信頼しているというメッセージも含まれています。重要な役を果たしたことになるため、良い思い出としていつまでも記憶に残ります。デメリットは、結婚式で恥ずかしいエピソードを周囲に教えてしまう場合もあることです。子供の頃は、誰しもが人に言われたくないような思い出がある物です。なので、笑って済ませられる無難な話をするのがいいです。

↑PAGE TOP